目標達成するためのやる気のもと

あなたはすでに、目標を達成した経験があります。

「九九が言えるようになった」
「課題を期日内に終わらせた」
「遅刻しないで出社した」など、様々な目標を達成しています。

小さい目標達成が、やる気のもとになっています。
もし、あなたにやる気がないとしたら、小さな目標達成が少ないからです。

まずは、小さい目標から立ててみましょう。

目標とは、目印のことです。

目標とは、目印です。チェックポイントと考えてもいいでしょう。
これまでに、様々なチェックポイントを通過してきましたよね。

今のあなたは、目標を持っていますか?
この質問をすると「目標なんてない」「目標?ムリムリ」

こんな答えが返ってきそうです。
しかし、小さな目標を日々達成していることに、あなたは気づいていません

毎日、目標を達成している。

「8:00までに家をでよう」
「今日は、洗濯をしよう」
「3,000文字の記事を仕上げよう」

これは、小さな目標です。

毎日、多数の目標を設定し、達成を繰り返しています。
簡単ですぐに達成できることを、目標と考えている人は少ないですね。

大きな目標を達成するまでは、小さな目標を数えきれないほど達成しています。

スケジュールのTODOだって目標設定なのです。

目標を達成した先にあるものは、目標です。

「家を買う」という大きな目標を持って生活しているあなたは、家族を養いながら、貯蓄に精を出していることでしょう。

実際に家を買った後を、考えてみてください。
次は、我慢していた旅行に行きたくありませんか?
車の購入もいいですね。

わかりやすくお金を例に出してみましたが、勉強だって、研究だって、仕事だって一緒です。

「欲」と考える人もいるでしょう。
目標は、自分のライフスタイルを構築するうえで必要な設定です。
「欲」も、高見を目指すためには、時として必要になってきます。

小さな目標を達成し、次の目標に向かうことこそが、あなたのライフスタイルです。

やる気を出すために、小さな目標を用意する。

簡単なことです。
小さな目標から大きな目標へ、繋げばいいのです。

例えば、ダイエットをしているとしましょう。
「5kg痩せる!」と、目標を設定しました。

次の日に5kg痩せている人は、ほぼいないでしょう。
しかし、3カ月後に5kg痩せを達成した人は、確実に存在します。

大きな目標を達成するには、小さな目標を用意することが重要になってきます。
小さな目標を達成するたびに、やる気は必ず湧いてきます

小さい目標の立て方

先ほどの例で考えると、あなたは小さな目標を何にしますか?

ここでポイントになってくるのが、少しの努力で達成できる目標を設定することです。
「ミルクティーを飲みたくなってもストレートティーにする」

これぐらいの目標がちょうどいいですね。
なぜなら、少しだけ頑張れば、達成できるからです。

次の目標は「夜ごはんを軽めにする」

あ!その前の目標がありました。
「朝ごはんを、しっかり食べる」

目標を飛び越えてしまうと、大きい目標に向かうやる気が失せてきてしまいます。
なるべく、小さな目標を立てて、大きな目標に向かいましょう。

やる気のもとは、目標。

やる気がでなくてしんどい・ツライときには、自分の環境を見直してみましょう。

何か、小さな目標を数個、飛ばしていませんか?
無理やり何かをするよりも、一つ一つクリアしていくほうが、ストレス軽減にもなり、やる気がでるものです。

「今日は、ライティングで100円以上稼ぐぞ!」ここからスタートした目標が、数カ月後には「今月は、10万円以上稼ぐぞ!」になっているかもしれません。

これは、小さな達成感を多く体験することで、やる気・モチベーションを向上させていくテクニックです。

あなたも、今から目標を立ててみましょう。

「今日は、0時までに寝る」
「今から5分間、トイレ掃除をする」
「今からスマホで案件をチェックする」

全てが、目標=あなたの目印です。
目印を通過すれば、次の目印が見えてきます。