ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

在宅ワークでライティングを選択した4つの理由

今年になって専業にしようと思い立ったライティング業。

なかなか難しい世界に、足を突っ込んだなと焦ってSEOや魅力ある文章校正など猛勉強中です。

在宅ワークされている方の理由や野望って本当に十人十色ですね。


私の場合は、この4つの理由(悩み)から在宅ワークのライティングを選びました。

f:id:cherishxxcw:20190305010512j:plain

 

  • 精神病で引きこもり状態

 外出先でPTSD(心的外傷後ストレス障害)の発作が出てしまうことがあります。

自宅でいると発作の起こる頻度も減り、落ち着いていられるのが今の私です。

 

  • 母子家庭で、子育てと仕事の両立が下手

母子家庭でも、フルタイムでお仕事されている方がたくさんいらっしゃるのは、重々承知しています。

我が家の 息子に軽度ですが発達障害があり、通院や今後療育指導も考えています。

今も、登校できない状態の日もあるので、仕事時間を選ばずに自宅でいられる状況を作ろうと考えました。

 

  • 両親の介護

父が80代で、すでに介護状態です。ヘルパーさんにお願いしていることも多くあるのですが、通院など医師からの説明を聞いたりするのは私が行っています。

母も重度の精神障害があるので、いつ何があるかわからない状態なので、最低でも週2回程度は様子をみてないといけません。

 

  • 本業だった介護コンサルの業態変化

以前、介護コンサルタントや立ち上げ支援の会社を運営していましたが、その会社は、自分がPTSD発症後に離れ、今は、友人関係に限定して、お仕事させていただいてます。自宅や短時間の会社訪問で、できる副業になりました。

 

在宅ワークには、何かを作るような内職もありますが、総合的に考えた結果、PCとネット環境があれば、どこでも仕事ができるライティングが今できる最善だという結論に至りました。同じような方や、先輩ライターさんからのアドバイスコメントなど、いただけると泣いて喜びます。