ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

修正なしで検収されるライターになる勉強法

初心者ライターちりしが実践している勉強法を一から公開します。
ためになるかは、あなた次第

 

 

記事を書こうと思ったはじまり

検索すればなんでも出てくるネットの世界「わかんないんだったらググレカス!」なんて言葉もありましたよね。

本当の情報から嘘の情報まで何でも出てきます。単純になんでだろ?と疑問に思ったところからはじまりました。

 

 

基本をWeb検索

Webライターって、単に自分がブログやってたりHPしてれば、できる話じゃないのは、なんとなく感じていました。

とりあえずググりますよね。そしたら、出てくる出てくる宝の山。なんとありがたい!先輩ライターさんたちからの情報ばかり。そこでまず拾った情報を紹介します。

 

- クラウドワークという働き方があること。

- 起承転結ではなく、解決や答えが求められること。

- まとめ方に一定の法則があること。


以上3点を中心に、ノートにまとめました。これをもとに、クラウドワークからタスク(短い記事やアンケート回答など)を始めました。

たった5円されど5円です。短めの文章を受けるようになってくるんですね、そうすると修正依頼がくるわけですよ。

 

「え?」どう修正していいのかが、まずわからない。クライアント様のヒントをもとに書き直すんですが凹みました。何度も何度も。 

 

 

本を買う

もっと勉強するしかないと思い、この2冊を購入しました。 

    

 

本を読んでも、よくわからないことが多いんですよね最初って。

Google先生に頼りながら、理解しながら読んで、尚且つ自分ノートにまとめていきました。今は、記事を書く前に、ノートを読み返してます。

 

 

他の人の記事を読みまくる

まだまだ勉強不足を自覚してる初心者ライターちりしですが、先輩方の文章を読んで構成を分析してみたり、最初に見るタイトルから、内容がある程度推測できるかなどを考えながら読ませていただいてます。

 

 

求められていることは何か

小説などど違って、私が今受けているライティングは、オリジナルは求められますが、個人のクセは必要としていません。

どれだけ、掲載予定のHPにあった文章にできるかなんですよね。

 

自分の個性は、ここに出せているので私はブログで表現することで満足しています。次回は、ライティングに使用しているツールをご紹介しようと思います。