ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

我が子の発達障害を疑って始めにしたこと

赤ちゃん生まれてくる前から、ママたちは、ママになっていますよね。

自分は、ちゃんと子育てできるのかな。

どんな生活になるのかな。

いろいろ考えて眠れない日もあるでしょう。

みんなそうです。あなた一人じゃないです。

 

普通のことです。

できるだけ、穏やかな気持ちでいられるように心がけてくださいね!

 

生まれてから、本当に大変な日々が始まりますよね、ママならだれでも思うこと

 

「ゆっくり寝たい」

 

私もそうでした。ずっと反り泣きする息子を抱っこしたまま寝る日々でした。

 
「なんでこんなに反り返るんだろう」

はじめの疑問はそれでした。今でも、はっきり覚えています。

産後疲れも、でていたと思いますが検索しまくってました。

すると気になる記事がいっぱいでてくるんですよね。

 

もう心が折れかけるくらい、いろいろ出てくるんです。

そこから気になり始めたんです。

 

 

初めにしたこと

3歳時健診のときに、保健師さんに相談しました。

すると、積み木や言葉ゲームなどの遊びながらするテストを受けました。

 

そのときに、言われた言葉「お母さん考えすぎじゃないですか?この子を障がい者にでもしたいんですか?」

 

え・・・・?


私、一ミリもそんなこと思ってませんし、療育は早い方がいいってことしか、考えていませんでしたから、腹を立てて帰ってきたことを覚えています。

 

それ以来、保健センターを頼ったことはありません。

 

 

次にしたこと

当時通っていた保育園の先生に、園での生活について話を聞きました。

すると、じっとしていられないことだったり、ひとりで遊んでいることが多いことを知りました。たぶん4歳くらいの時だったと思います。


なぜ、聞いたかというと、自宅で、ひとりで遊んでいると、声をかけても聞こえていないの?と思うほどに反応がないことや、散歩に行っても、気になるものをみつけると1時間2時間経ってしまっていました。

 

この行為が、年齢的に普通なのかどうかもわかりませんでしたし、今の状況を記録しておこうとしました。

 

 

児童発達専門の先生

診断をお願いしたのは6歳のときでした。

小学生になって、学校の先生から毎日連絡がくるんです。

 

「今日は、学校探検をしたんですが、途中でいなくなって探したら校長室の置物を眺めてました。」といった内容が毎日のようにです。

 

徒歩登校の記事を以前書きましたが、歩いて登校させるのが不安だったので、毎日送迎していました

www.cherishxx.work

 

 

専門医は、ウェスク3という検査をしてくださり、結果は、グレーでした。(詳細はあえて避けます。)この時に、あかちゃんの頃から気になった行動を伝えました。

 

数値では、グレーですが、行動からは、ADHDの可能性が高いと診断されました。
私が、それから読んだ本はこちらです。
        

 

今日は、長くなったので続きはまたの機会に書きたいと思います。