ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

クラウドワークスとランサーズの比較

 


パソコンのウィルスソフトを購入しました。30日無料体験がもうすぐ切れそうだったので、使ってて軽いし、邪魔にならないESETを継続することにしました。

使っていても、パソコン動作が遅い感覚もありませんし、使いやすいボタン配置も気に入っています。結構どこでも評判いいみたいですね。

 

ウィルスソフトについては、全く無知でGoogle先生頼りだったのですが、お試しができたので、以前使用していたソフトをやめてESETにのりかえました。

 

 

f:id:cherishxxcw:20190303025445j:plain(画像はESETではありません)

 

さて、本題にいきましょう。
手軽に使えるクラウドソーシングサイトですが、みなさんこの2サイトは登録している方が多いのではないでしょうか。
私もこの2サイトを通じてお仕事依頼をいただいていることが多いので、比較してみます。

  


Crowd Works

一番見やすいサイト設計だと思います。

そして、スマホアプリも充実してるので、空き時間や外でも確認ができたりと便利です。

クライアント様からのありがとうが増えていったり、メッセージの横にもありがとうボタンがあるので、仲良くなりやすいというか、親近感が湧きやすいです。

 

マイページに契約している情報とは別に、タスク完了したものや途中のものが一目でみれるのも便利です。

 

クライアント様から見えるプロフィールと同じ画面の確認もできるので、自己アピールできる内容になっているか確認しやすいのも気に入ってます。


依頼が終了してから、履歴をみていると退会済みになっているクライアント様が結構いますね。利用し終わったから退会したんですかね。

 

それと、契約前にメールや他サイトへの登録を依頼される場合もあるので、それは、躊躇なく通報しています。安心してお仕事できるように、システム手数料があるわけなので、こちらも協力しています。

私の得意分野の介護系の案件がランサーズよりも多いです。タスクもプロジェクトもあるので、クラウドワークスのサイト内で検索している時間は、結構あります。

 

 

 Lancers

マイページが見やすい。おすすめの仕事に表示される内容が、これまでにしてきた内容に似ているものが多数表示されます。これもかなり気に入っているところです。

今月の目標金額を設定できるのも、地味に良い機能だと思います。

 

あとは、ランサーのランクアップ制度ですね、初心者ランサーにとっては、どれくらいプロフィールを入力したらいいのかとか、ランクアップするにはどうしたらいいのかなどの基準になりますし、わかりやすいです。

今、シルバーランサーなので、認定ランサー(上位20%の売上だっけ?)になれるように頑張ってます。

ランサーズは、プロジェクト案件に提案(応募みたいなこと)すると、クライアント様が選んでくれるかもしれないシステムなんですが、私の場合、個別依頼として直接くるほうが多いです。

文字単価についても、規定があるので、あまりにも安い単価の依頼はありません。

クラウドソーシング「ランサーズ」

 

今回は、2サイトのみを比較してみました。

他にも魅力的なワークサイトはありますので、またの機会にご紹介します。