ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

3.ADHDの特徴と対応の仕方【息子総合編】

・・・お読みいただく前に・・・

息子は、軽度と診断されています。いまのところグレーゾーンな感じです。
症状がこのまま継続すれば、確定診断となるそうです。

 

ADHDでありがちな、特徴と私のとっている対応を紹介しますが、これが正解なのか不正解なのかは、わかりません。

それに、一人ひとり違うことも理解して読んでください。

 

総合編

一番困ること

学校でいるときに、できるだけ我慢することを覚えた息子は、家に帰ってくると大暴走することが多々あります。

だから、もう少し学校でのストレスを軽減してもらいたくて、担任の先生と話をしてみたり、持ち物にメッセージつけてみたりと、努力しているんですが、なかなか難しい問題なんです。

担任の先生の指導方針にもよるところは大きいんですが、今のところ学校でいることは、嫌がらないのでこのまま落ち着く方向に向かってくれることを願って日々努力しているところです。

ちょっと困ること

集中して永遠、ゲームの話を聞かされます。キャラの特性から勝率まで。全くわからん。。。。
f:id:cherishxxcw:20190220120656j:plain


 

一番好きな特徴

ワンテンポおくれるところが実は一番好きです。「んーーーーーー。あっ!」この時間が大好きです。

なんとなく自分で考えてるんだなって感じられて、微笑んでみてられます。

内容もいろいろで、ゲームをすすめるときもあるし、お風呂の声掛けしたときもあるし、もうタイミングはありすぎるほどです。そのたびに、待つ時間を楽しんでいます。

今後の課題

成長することは、とてもいいことなのですが、息子の特徴が壁になってしまうことも出てくると思っています。

そのときがきたら、どう対応するのか、本人がどういう行動をするのか、今のところ見当もつきません。

だから、恐いですね。不安も大きいです。いつまでも、ママに甘えてくれるわけでは、ないのでどうにかフォローしていけたらいうことないんですけどね。

↓定価より安く売ってるじゃーん!





こちらのホームページの内容をもとに書きました。
adhd.co.jp