ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

Webライターとは|他のライターとどう違うのか

一番始めやすいのはWebライターです。

社会には、様々な分野のライターがいます。ライターとは、文字で表現し伝える仕事です。

ライターには多数の種類があります。
そして、働き方も様々です。

f:id:cherishxxcw:20190405103856j:plain

雑誌や広告をはじめ、知りたいときに検索する事柄、説明書からドラマまで、ライターが書いたものを、知らず知らずのうちに目にする機会はとても多いです。

ライターの世界は、5文字で100万円なんて仕事もあります。

Webライター以外のライター職も含めライターについて書いてみます。

 

コピーライター

商品やお店の紹介記事を書くライターです。
商品の売り上げで、利益が左右される仕事なので「この人に書いてもらうと売れる!」と思ってもらえる必要があります。簡単に伝えると宣伝です。

企業から依頼されて書く仕事は、キャッチコピーと言われることもあります。
短い文でどれだけ想像させることができるかが重要です。

 

 

 ブログで商品紹介

ブログなどで商品を売り込むライターがいます。

ブログで書いている商品紹介の記事は、アフィリエイトと言って、ブロガーさんの記事に貼っているリンクから購入すると収入になるシステムです。

その紹介が魅力的だと売れる確率も上がりますよね。
そのためには、マーケティングや売れるコツを知ることが重要です。

 

 

専門ライター

旅行に特化したサイトを運営していたり、雑誌などでも特化雑誌がありますよね。
そういった記事は専門のライターが書いています。

ラーメン食べ歩きで品評している記事など目にしたことがある人も多いでしょう。
専門ライターさんは、特化した情報収取家です。

専門ライターさんは、オンライン番組やTVに出演していることもあります。特化型ライターさんの情報量は、Webと比較にならないほどです。

 

シナリオライター

脚本・ストーリーなどを製作されるライターです。
脚本家と呼ばれることもありますね。

物語をつくるライターさんですが、小説家とちがうのは、そのシナリオを実践する人がいるということです。

芸人さんのネタをライターさんが書いていることもあります。

ストーリーを演じる人がいてこそのお仕事です。

構成作家

TV番組やドラマでは、構成作家が活躍します。

構成作家もシナリオを書きますが、ストーリーというよりは、流れを作るお仕事です。

 

ルポライター

社会情勢などを記事にすることが多いので、記者と呼ばれることもあります。
ルポライターは、現地取材したことを文字にする仕事です。

客観的に取材した内容をまとめた記事を書くので、自分の主観が入ることはありません。新聞記事などに、記者の主観は入っていないですよね。

ジャーナリスト

ルポライターとは逆で、自分の見解を入れて記事にするのがジャーナリストです。

独自の考えをしっかり持っていて、情報量も豊富でないとできない仕事です。

 

ゴーストライター

自伝やその他の記事でも一緒なのですが、自分の名前を出さずに書いているライターです。

芸能人が出す自伝などでよく聞きませんか?本人が内容を知らない本を出版していたこともありますよね。

誰かの代わりに書いている人のことをゴーストライターと呼びます。

Webにもいます

サイト運営者以外の人が、サイト内の記事を書いていることがあります。
自分の名前を出さないので、ゴーストライターです。

クラウドソーシングなどで、書いている記事はゴーストのことが多いです。
自分の名前を出して書きたくない人にはお勧めです。

 

自分で本を出版する

今は、電子書籍があるので、自分で出版することが昔より簡単になっています。

自分で書いたものを売ることが簡単なサイトもありますし、代行業者もあります。

 

 

Webライター

サイトなどで記事を書く人の総称です。
自分の名前を出して書く人もいればそうでない人もいます。

Webで執筆している他のライターもいます。
自分の運営するサイトに情報をだしていることもあります。

クラウドソーシングなどで、一部のみ自分の記事を書くこともできるので、文字で稼ぎたいと思う初心者にオススメです。

Webライターの特徴として、起承転結で書かないことがあります。
会話や物語では、起承転結を重視することもありますが、Webライターには起承転結ではなく、どれだけ内容を簡単に素早く伝えられるかが求められます。

そして、読み進めてもらえるかも必要なので、目を引き付けて最後まで読んでもらう工夫も必要になります。

 

マニュアルライター

説明書などを書いているライターです。家電を買ったらほとんどついてきますよね。
その文章や構成をしているのがマニュアルライターです。

わかりやすいマニュアルもあれば、そうでないものも…

企業にとって、商品を販売した後の対応が多くなるか少ないかはマニュアルライターの手腕で変わることが多いので、とても慎重になる仕事です。

 

ブロガー

自分で運営するブログで記事を書く人です。

ブログを収入源にしている人も最近多いですよね。私も一応ブロガーです。

ブログだと自分で発信する仕事なので、何を書いても自由です。
ですが、人を傷つける記事や読みにくい記事を書いていても読者さんはつきませんね。

日記としてブログをしている人は、自由に表現できる場所でいいと思います。

ですが、収入にしたいブロガーには、文章力と内容は重要です。
読んでもらえる記事を書けないと意味がありません。

だれも指摘してくれる人がいないので、ツールを使用したほうが読まれる文章になると思います。

 

暇時間に書いてみたい

副業までいかなくても少し書いてみたいなという方もいらっしゃいますよね。
そういう方にも、文章を書くことはお勧めです。

子育ての、ちょっとした空き時間に書くこともできます。 

 

いろんな文章を読むことを意識しないで読んでいるのが、今の社会です。

本や雑誌を読むことにも、スマホを利用されている人も多くいますね。
だからこそ、文章を書くことを仕事にする人が増えています。

文章を書くことを仕事にするのは、とても難しいですが、やりがいがあります。

書き方も内容も自分次第です。