ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

文章を書く仕事|Webライター

f:id:cherishxxcw:20190408142922j:plain

文章を仕事にしている人は、TPOに合わせて書いています。書く場所や読まれる人によって書き方も変わります。

ぶんしょう

文章
  1. 1.
    幾つかの文を連ねて、まとまった思想を表現したもの。特に、それを文字によって表現したもの。
  2. 2.
    詩に対して、散文のこと。

ふむふむ!っで、文て何?
この説明だけじゃわからない!

 

(ぶん)とは、一つの完結した言明を表す言語表現の単位である。 基本的には主語と述語(一方が省略されることもある)からなる。

文 - Wikipedia


文はわかった!
じゃぁ、散文て何?

 

さんぶん
散文
 
  1. 定型や韻律を持たない普通の文章。

 

文章を理解するまでここまで調べるとは…。

つまり主語と述語を使って、まとめたものを文章と呼ぶのね。
了解しました!

 

文章を書くには、主語と述語が必要になるわけですが、実際の会話だと主語を省略していたり、共通用語を使っていて、他の人には分からないこともあります。

 

 

 文章で何かを伝えるのによく使われるツールがLINEやメールですね。
検索したときに、読むのも文章です。

こうして書いているblogも、文章で成り立っています。
文章を書くのは、人に伝えたい思いがあってこそ!

 

理解してもらえる文章を作るには、自分が分かる用語や言葉を使うのではなく、共通してわかるために、小学校高学年がわかる文章を書くといいらしいです。

 

小学校高学年の文章とは、どれくらいの難しさなのでしょうか。

 

happylilac.net

 考えていたよりも難しい文章でした。
このblogの文章だと、3年生くらいですね。

文章を仕事にするには、伝わる必要があります。
だからこそ、みんな勉強します。

 

仕事とするために、誰に伝えるのか考え、書き方を工夫します。
その勉強法も人それぞれですね。

 

誰かいい方法があればちりしに教えて下さい!!←切実