ひきこもりがWebライターになりました

ひきこもりにも最適!Webライターのことからブログや、ちりしの頭の中のハテナを公開

(重要)Webライターを継続するということ。|文字の世界・人間関係

文字を仕事にしているWebライターの世界。年齢も住所地も関係ない。自由。だから余計に、人間関係は築きにくい。しかし、大切にしなくてはならない。

f:id:cherishxxcw:20190515224949j:plain

自由=責任

 

自由のある仕事には、いつも責任が付いて回る。
特にフリーランスの世界では、常識

 

通話や会話ではなく、文字でやりとりすることが多い分、感情を伝えにくいこともある。
感情は、「!」や「?」、「www」など、ビジネスでは、到底使用しないものが多い。

 

文字に感情を入れることは、執筆するうえでも難しいが、クライアントとのやりとりでも難しさを感じる時がある。

 

普段LINEでスタンプなど、気軽に表現している感情が、文字になるとなかなか難しい。

 

Webライターを数カ月していて、継続していただける仕事の大切さを身に染みて感じている。
だからこそ、今Webライターとして走り出した方に教えたい。

 

今、初めていただいた仕事を1年継続するつもりで、クライアントとの人間関係を考えてほしい。
最初は、がちがちの尊敬語・謙譲語・丁寧語を使うべきだし、そうしていることでしょう。

 

AIから仕事を振り分けられているわけではない。
画面の向こうには、生身の人間がいる。

 

 

継続することの難しさは、社会人経験がある人ならわかりやすいと思う。
毎度、訪れてくれる常連さん。数度に渡り契約更新をしてくれている会社など、経験しているでしょう。

 

継続できない案件には

「心を込めてさよなら」と思い、

 

継続できている案件には

「心を込めて毎度ありがとう」

思うだけでも、人間関係変わるよ。